排熱養殖した「海ぷち」試食調査を行いました。

2022年4月16日、フーズマーケットホック皆生店にて、弊社で陸上養殖している「自然の恵み 海ぷち」(フサイワヅタ)の試食イベントと、それに伴うアンケート調査を行いました。

試食ブースには、岩ガキのカラから生えたフサイワヅタを水槽ごと設置させていただき、緑がひと際目立つ飾りつけとなりました。

「自然の恵み 海ぷち」とは

弊社の潮見ウェストバイオマス工場の陸上養殖場で育てられた海藻「フサイワヅタ」は、皆さまからの商品名公募を経て、「海ぷち」と呼ばれるようになりました。試験養殖を含めて4年目になるこの事業は、拝熱エネルギーを活用した養殖場で行われています。元々「フサイワヅタ」は、「海ブドウ」「海ゴーヤ」などの名前で親しまれ沖縄の海ぶどうとして有名な「クビレヅタ」と似た形状をしています。プチプチとした触感と、粒が弾けた後の粘り気が特徴の海藻です。

海ぷちブース

試食ブースにお越しいただいたお客様には、塩抜きした海ぷちに、ポン酢とめんつゆを合わせたオリジナルドレッシングをかけてご試食いただきました。

アンケート調査結果

アンケート調査では、「ぷちぷちした触感が美味しい」、「以前食べた海ブドウよりも好きな味」などといった味に関して好評の声を沢山いただきました。

一方で、「パッケージはもう少し鮮やかな方がいい」「レシピがほしい」といった改善を求める貴重なご意見もいただくことができました。

皆さまに進んで手に取っていただけるような「海ぷち」をお届けするため、今回のご意見をもとに今後も改良を重ねて参ります。

ご協力いただいたお客様ならびにフーズマーケットホック皆生店の皆さま、この度は誠にありがとうございました。

■日時:2022年4月16日
■場所:フーズマーケットホック皆生店
■アンケート数:20名

※当日は、報道陣の皆さまが取材に来てくださいました。詳細については、こちらをご覧ください。

アーカイブ